世界のカジノ

海外の主要なカジノをピックアップしてご紹介します。

1.ラスベガス(アメリカ)
ラスベガス
 どなたもカジノと言えばここが先ず思い浮かびますよね。
 テーマパークのようなホテルの数々、そして華やかなショウ。
 家族連れで遊びに行く一大カジノリゾート。

 gooが調査した日本人が行きたい海外のエンターテイメントスポット
 で3位に入ってました。
 (1位ウォルト・ディズニー・ワールド 2位ディズニーランド・リゾート:管理人注)

2.モンテカルロ(モナコ公国)
 ヨーロッパでカジノといえばここ。
 セレブの集う超ゴージャスなカジノで、一度はプレイしてみたいですよね。

3.マカオ
マカオグランドリスボア
 いまや収益がラスベガスの4倍を超えたと言われる世界最大のカジノ都市。
 最近、新ホテルが続々オープンしています。
 もう、マカオを外してカジノを語ることは出来ません。

4.アトランティックシティ(アメリカ)
 マンハッタンから車で約2時間なので、
 ニューヨーク滞在の間に一日カジノで遊ぶのに最適。

5.セントーサ島(シンガポール)
 マリーナ・ベイ・サンズで有名なシンガポール、
 こちらは同国の合法カジノ第一号。比較的カジュアルです。

6.ソウル(韓国)
 観光の中心地である南大門市場や明洞に近いミレニアムソウルヒルトン内と、
 江南エリアのCOEX内にカジノがあります。

7. バーデンバーデン(ドイツ)
 250年以上の歴史を誇る、ドイツで最も由緒あるカジノ。
 貴族のお屋敷のような、絢爛豪華な空間です。
 最寄りの空港はシュトゥットガルト。

8. スキポール空港(オランダ)
 アムステルダムでは、なんと空港内にカジノがあるんです! 
 (ラスベガスもそうですが)
 ハブ空港だけに利用者も多く、乗り継ぎの待ち時間などに楽しめます。

9. マルデルプラタ(アルゼンチン)
「南米のモナコ」といわれるアルゼンチン最大のビーチリゾートで、
 国営カジノもあります。

10.ゴールドコースト(オーストラリア)
 開放感あふれる世界屈指のリゾートでカジノを満喫するのはいかがでしょうか!
 カジュアルな雰囲気なので、初心者でも気軽にトライできます。

<ドレスコード>
 モンテカルロをはじめヨーロッパのカジノは格式高い雰囲気があり、
 ドレスコードもあるので出かける際は事前に確認を。

 一方ラスベガスやゴールドコースト、マカオなどでは
 カジュアルな服装でも問題ありません。

<年齢制限>
 アメリカやマカオでは21歳以上、
 ヨーロッパでは18歳以上など、国によっても異なります。

<写真・ビデオ>
 カジノでは写真やビデオの撮影は禁止されているので注意しましょう。

***********************************************
いきなり海外のカジノに行ってしまうと、楽しむどころか
場に呑まれて焦ってしまいます。

今は、本場カジノを体験出来るオンラインカジノがあって
練習にはもってこいです。無料でもプレイ可能です。

管理人オススメのコミュニティサイトはこちらオンカジです。

ここで紹介されているサービス事業者は各国政府の正式認可
を受けて長年の実績のあるものばかりで、信頼性は抜群です。

本サイトのトップページ オンライカジノ人気ランキング もご参照下さい。


コメントを残す




  • ウィリアムヒルスポーツ


    ■スポーツベッティングと言えばウィリアムヒル・スポーツ
    ■ロンドン市場上場の優良企業が、欧州サッカーを始めとして、オリンピック、メジャーリーグ、NBA、アメリカンフットボール、ゴルフ、競馬、UFC(総合格闘技)から政治(選挙)まで、あらゆるものを賭けの対象にします。
    ■Webブラウザベースのソフトなので、スマホからもベッティングが出来ます。
    ウィリアムヒルスポーツ関連記事

  • DORA麻雀


    リアルマネーでプレイ出来る本格的オンライン麻雀ゲームはこれだけです。
    DORA麻雀関連記事

  • ブログランキング

    ブログランキング にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
    にほんブログ村
  • アーカイブ

  • RSS

    Googleに追加
  • SEOパーツ

    • SEOブログパーツ
    seo great banner track feed オンラインカジノ情報